イベント実施レポート

第7回
「女性のキレイを磨く美ウォークを
身につけてみませんか?」
グループ体験会実施レポート

Event Data

2016年12月21日実施 <昼の部><夜の部>
2017年1月11日実施 <昼の部><夜の部>
2017年1月18日実施 <昼の部><夜の部>

歩くときは平均台の上を歩いている気分で、まっすぐ一直線上を歩きましょう。

「女性のキレイを磨く美ウォークを身につけてみませんか?」

講師は、日頃ウォーキングやポージングをモデルさんに教え、ご自身でもモデルとして活動をしていらっしゃる浅井香葉子先生でした。冒頭のお話は、「パンプスでキレイに歩くための大前提として、すぐに踵が脱げたりしない、ご自分の足のサイズに合ったパンプスを選んで履くことをおすすめします」でした。レッスンの前に、今までそれぞれの方々がどのような歩き方をされていたのかを知っていただくために、履いていらした靴で歩いていただき、その歩き方を各自のスマートフォンに録画。後ほど、ビフォア・アフターを比べていただくことに。

「女性のキレイを磨く美ウォークを身につけてみませんか?」

いよいよレッスン。裸足になって、思い切り手を伸ばしインナーマッスルを引き上げ、デコルテを開いて、腕を肩から大きく回す。足を伸ばして、右足と左足の間に背骨を入れる感じで。さあ、モデルウォークの始まりです。特にポイントとなるのは、一本線上を歩くとき膝を少しだけ内側に。腕の振りを意識して、肩は動かさず、腕を後ろへ引いて、その反動で前に。後ろに2、前に1、くらいの振り幅が理想的だそう。仕上げは、レッスン前に、足を計測、試着しておいたi/288ブランドのパンプスを履いてワンツーワンツー。みなさん、驚くほどの上達ぶりでした。「女性は、人に見られることで美しくなります。みなさんも、だれかの視線を意識して歩きましょう!」最後に実感のアドバイスもいただきました。

「女性のキレイを磨く美ウォークを身につけてみませんか?」

参加者の声

Oさん

自分の中で一番歩きやすいパンプスを履いてきたのですが、i/288と履き比べたら、少しゆるいと気づきました。また、少しのポイントでエレガントな歩きになり、目からウロコ!でした。(Oさん)

とこさん

パンプスは不安定で歩きづらいと敬遠していましたが、今回、先生にアドバイスをいただき、歩き方を直したら楽に歩けて、またパンプスが履きたくなりました。(とこさん)

てんさん

普段なかなか自分に合うパンプスに出会えず、i/288も違和感があってレッスン中にサイズを変えたり、ストラップをつけるなど対応していただき、快適にウォーキングができました。(てんさん)

ぐらさん

i/288は脱げる心配がまったくなかったので、美しく見えるウォーキングに集中できました。改めて、パンプス選びの大切さを感じました。今後の参考にしたいと思います。(ぐらさん)